アスロングの成分解析で分かる。使ってはいけない人達とは?

アスロングの成分解析で分かる。使ってはいけない人達とは?

アスロングは、現在日本で一番人気のあるノンシリコンシャンプー&トリートメントに選ばれた人気のヘアケア商品です。

 

人気があるゆえに、その販売方法も、他のヘアケア商品と比べると価格や売り方も強気な一面があります。
>>アスロングはサンプルやモニターはあるの?まずは本気で4カ月!

 

しかし、その効果は個人によって様々なので、残念ながら期待した効果が得られない人がいるのも事実です。

 

今回は「アスロングの成分解析で分かる。使ってはいけない人達とは?」についてご紹介いたします。

 

 

アスロングの全成分解析

もし、既に自分との相性が合わない成分をご存知なのであれば、下記成分表で確認をお願いします。

 

もちろん、成分の合わない度合いにもよりますが、アレルギーなどでお医者さんから止められているような成分があるようであれば、アスロングの購入は避けてくださいね。

 

 

アスロングのシャンプー

・水
・ラウレス硫酸Na
・コカミドDEA
・コカミドプロピルベタイン
・スルホコハク酸ラウリル2Na
・ペンチレングリコール
・塩化Na
・フェノキシエタノール
・ステアリン酸PEG−150
・ラウロイルメチルアラニンNa
・香料・ポリクオタニウム−10
・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド
・クエン酸Na
・サリチル酸
・エチドロン酸
・デシルグルコシド
・クエン酸
・BG
・加水分解卵殻膜(子宮)
・海水
・カラメル
・キハダ樹皮エキス
・アルガニアスピノサ核油
・シメン−5−オール
・フェノールスルホン酸亜鉛
・アボカド油・リンゴ果実培養細胞エキス
・加水分解シルク
・ケラチン(羊毛)キサンタンガム
・グリセリン
・レシチン
・デキストラン
・ローマカミツレ花エキス
・アルニカ花エキス
・オドリコソウ花エキス
・オドリコソウ葉エキス
・オドリコソウ茎エキス
・オランダガラシ葉エキス
・オランダガラシ茎エキス
・ゴボウ根エキス
・セイヨウキズタ葉エキス
・セイヨウキズタ茎エキス
・ニンニク根エキス
・セイヨウアカマツ球果エキス
・ローズマリー葉エキス
・アセチルテトラペプチド−3
・アカツメクサ花エキス

 

アスロングのトリートメント

・水
・ミリスチルアルコール
・グリセリン
・水添ナタネ油アルコール
・ヒマワリ種子油
・ステアルトリモニウムブロミド
・ジアルキル(C12?18)ジモニウムクロリド
・イソプロパノール
・ペンチレングリコール
・ダイマージリノール酸ポリグリセリル−10
・ステアリン酸ポリグリセリル−10
・ヒドロキシステアリン酸ポリグリセリル−10
・フェノキシエタノール
・香料
・乳酸
・トコフェロール
・アルギニン
・セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク
・BG
・カラメル
・海水
・アボカド油
・キハダ樹皮エキス
・アルガニアスピノサ核油
・加水分解シルク
・ケラチン(羊毛)
・加水分解卵殻膜
・シメン−5−オール
・フェノールスルホン酸亜鉛
・リンゴ果実培養細胞エキス
・ローマカミツレ花エキス
・アルニカ花エキス
・オドリコソウ花エキス
・オドリコソウ葉エキス
・オドリコソウ茎エキス
・オランダガラシ葉エキス
・オランダガラシ茎エキス
・オランダガラシゴボウ根エキス
・セイヨウキズタ葉エキス
・セイヨウキズタ茎エキス
・ニンニク根エキス
・セイヨウアカマツ球果エキス
・ローズマリー葉エキス
・キサンタンガム
・レシチン
・デキストラン
・アセチルテトラペプチド−3
・アカツメクサ花エキス

 

↓↓↓安全性の確認取れた方は公式サイトへ↓↓↓

 

アスロングの成分解析で分かる、使ってはいけない人

あなたが、よほど酷いアレルギーではない限り、あまりご自身と合わない成分をご存知の方は少ないと思います。

 

どの成分と相性が悪いのか分からないという方は、多少問題のある成分を紹介しますので、ご自身の体質の振り返りをお願いします。

 

アレルギーによるもの

 

  1. シルクアレルギーはお持ちではないですか?(シルクが配合されています)
  2. 植物由来成分にアレルギーをお持ちでないですか?(植物由来成分が豊富に配合されています)
  3. アルコールに弱くないですか?(パッチテストに反応してませんか?)

 

生活環境によるもの

  1. 屋外にいる時間が長い(ノンシリコンのため紫外線で髪を傷める可能性があり)
  2. ヘアアイロンを日常的に良く使う(ノンシリコンのため、熱によるダメージを受けやすい)

    ※アボガドオイルが熱から髪の毛を保護する効果はありますが・・・

 

 

 

体質によるもの

ラウレス硫酸ナトリウムという洗浄力が強い成分が配合(乾燥頭皮に問題か?)
※現在お使いのシャンプーの成分表に書いてありませんか?

 

 

いかがでしたか?
今回は「アスロングの成分解析で分かる。使ってはいけない人達とは?」についてご紹介しました。

 

基本的には安全な成分が配合されたアスロングなので、過度な心配をする必要はないと思います。
しかし高い買い物です。充分に納得した上で購入するようにしましょう。

 

↓↓↓安全性の確認取れた方は公式サイトへ↓↓↓

関連ページ

アスロングの匂いとは?口コミと効果で分かる魅惑の香り
アスロングの匂い(ジャスミンブーケ)について調べました。 購入者の視点から、新鮮な口コミ情報をお送りします。
アスロングとハーブガーデン。あなたはどっち?未来を変える選択
アスロングとハーブガーデンを比較しました。 購入者の視点から、新鮮な口コミ情報をお送りします。
アスロングとルメント。あなたなら、どっち?未来を変える選択
アスロングとルメントを比較しました。 購入者の視点から、新鮮な口コミ情報をお送りします。